金融機関は収入が良い

金融系の就職希望者が増加

金融業界への就職が人気

銀行などの金融に関連した就職が人気になっている理由は、安定した収入を得たり、将来的に多くの人から認められるポストに就けるからです。他の業種より40代でも1000万円を超える収入を得ている人が多くて、上場している企業に勤めているだけで高収入を得られるという情報が学生に伝わっています。最近は金融業を展開する会社が増えていて、就職活動を行う学生に人気です。新人として入社した場合に頑張ればエリートクラスの社員になれる事が保証されている所が多いが、優良な企業ほど優秀な人材を厳選して採用している事を弁える必要があります。

文系の大学生の希望先は金融機関

文系の大学生が就職したい企業ランキングでは、常に金融機関が上位を占めています。特にメガバンクなどは、常に上位にランキングされています。経営基盤がしっかりしていることや、収入が良いことなどが理由です。しかし、決して楽な仕事ではありません。企業に対して融資をすることや多くの預金の資金運用をしなければなりません。メガバンクの場合には、傘下にメーカーや保険会社などを多く抱えている場合が多いので、企業グループ全体の利益を考えなくてはなりません。製品を製造する業種ではありませんが、莫大なお金を動かす仕事ですから、計画をたて、しっかり実行できる人でなければ、金融機関に勤務することは難しいです。

↑PAGE TOP