金融系の仕事とは

業界ごとの就職対策の研究

金融業界への就職対策

業界ごとの就職対策は事前に研究する必要があります。金融はその仕事もさまざまですが、一般的にお硬い仕事といわれています。確かに地味なスーツにネクタイ、言葉遣いは丁寧、保守的な雰囲気など特徴はあります。また、現在インターネットでの取引が増えていますので、金融もご多分に漏れずインターネット専門で対人の業務は減ってきているといえます。基本的には堅実な考え方とひたむきな向学心が望まれ、時代に即した商品を提案できる柔軟性もあわせて持っているのもなお良いです。安定的な仕事ですが、グローバル化にともない海外で活躍することも多くなります。

就職活動で一番大事なこと

金融機関を就職希望の学生の皆様、金融機関と言っても銀行、証券、保険など業種はさまざまで業務内容も全く変わってきます。どんな業務をやりたいのかをまず決めることです。たとえば、銀行業務を選んだとして、銀行にも都市銀行、地方銀行、信用金庫、労働金庫などいろいろあります。業務内容も、融資、個人営業、国業務など選択肢は多岐に渡っています。いずれにしても自分のやりたい仕事が何なのかをより具体的に考え、目指すべきことを明確にすることが大事です。目指すところが確認になれば、入社したあとに目標がはっきりしていてやりがいがあります。やりがいがあれば、仕事が好きになれ、楽しみも味わえ、充実感も違ってきます。どんな仕事をやりたいのかをより具体的にすることが、就職活動の大事な第一歩です。

↑PAGE TOP